ブラジルの生活 ベレンの生活

【生活】ちょっと笑える!?ベレンのスタッフのあるある情報をまとめてみた

alt=”ベレンのあるある”ブラジルの生活

ブラジルは、サービスの質が悪いと言いますが、
ベレンのサービスより質が悪い地域はないかと思います。

今回は、ベレンの店員スタッフのあるあるについて紹介します。

ブラジルではなく、今回はベレンに特化しています。

ブラジルのサービスだと思われないよう、ご注意ください。

ベレンに来た当初は、サービスの悪さに怒りますが、慣れると笑ってしまうほど。
この州のレベルに慣れたら、きっとブラジル国内で生きていけると確信しています。

怒りを通り越して、ちょっと笑えたエピソードをまとめてみました。

Tem mais acabou

ベレンのレストランでは、「Tem mais acabou」という言葉をよく聞きます。
これ、どういう意味か分かりますか?

「普段はあるけど、今日はない」と。

注文する時に、あらかじめ言っとけ!って思うのですが、この言葉は本当によく聞きます。

「Tem mais acabou」が出てこないベレンのレストランは、ちゃんとしているお店。

スーパーでは、お客よりも上司が優先

スーパーのレジでは、スタッフが同僚と談笑しています。

ブラジルでは、いたって普通というか、よく見かける行動です。

ただ、会計待ちの列があるにもかかわらず、上司からお金をもらったら、すぐに数え出します。

一言言いたい!

なぜ、いまお金を渡したのか?このながーい列が見えないのか!?と。

上司にもレジのスタッフにも文句言いたくなりますが、
皆何も言わずにレジで待っているので、
ベレンの人はすごく優しいのねってことで終わらしときます。

会計待ちの長蛇の列が出来るのも、日本では考えられない理由がある。

お客よりも自分優先のスタッフ

こちらも、さきほどのスーパーの話と似ていますが、優先は「スタッフ自身」。

ベレンには、「お客様は神様」という考え方は、そもそもありません。

なんども言いますが、ブラジル共通の話ではなく、あくまでブラジル北部ベレンの話です。

ベレンで使われるセールス方法の一つに、商品を売りたいがために、もう販売済みの物を試着させる。

別の人の取り置きなので、その場で買うことは出来ませんが、
気に入ったら取り置きします!というセールス方法。

お分かりかと思いますが、結構トラブルのもとになるんです。

実体験

アクセサリーショップに行き、ウィンドウショッピング。
もともと取り置きの商品という説明はあり、試着してみたら、気に入ったので、買うことに。

スタッフの説明によれば、在庫が他店舗にあるとのことで、
デリバリーのサービスを開始していたことから、家まで届けてもらえることに。

しかし、届けられたのは色違いのもの。

すぐにお店に電話し、対応してもらえることになったのですが、

この対応が本当によく言えば「マイペース」なんです。

スタッフのミスで色違いが届いたにもかかわらず、指定した時間には来ない。
連絡があり、行く時間を伝えられる。
その時間は家にいないと伝えると、その後は(大学か何かの)授業があり、届けに行けないと。

お客はこっちーーーーーーー!!!!!!

と言いたくなるくらい、スタッフには悪気もなければ、プロ根性もありません。

結局、予定があったにも関わらず、商品受け取りのために、全ての予定をキャンセルして、
家にいることになりました。またトラブルになっても、困るので。

ブラジル国内で色々旅行してきましたが、ベレンほどサービスの質が悪い地域も少ないかと思います。

ブラジルでサービスが悪いと嘆く気持ちもわかりますが、ベレンよりかはマシだと思ったら、多少は救われるかと思います。

ちょっと笑えるエピソードの数々、いかがでしたでしょうか?
色々あるある情報を書きましたが、ベレンにも良いところは沢山あります。

ベレンの郷土料理は、ブラジルで一番美味しいので、ぜひ観光してみてはいかがでしょうか?

まとめ

ベレンのサービスは、ブラジル1悪いと思っています。

今回は、今まで体験した中で、怒りを通り越して、ちょっと笑えたエピソードを紹介します。

ベレンのレストランで、注文後によく言われる言葉、「Tem mais acabou」。

オーダーとる時に、売り切れ商品くらい覚えて欲しいもの…。

ほぼ殆どのレストランで使われるので、この言葉が出てこなかったら、
教育ができていたり、スタッフがちゃんとしているレストランです。

スーパーでは、会計待ちで長蛇の列が出来ていようが、関係なし。
談笑だけでなく、上司からのお金を預かれば、紙幣を数えることに専念。

ベレンのスーパーは大きいので仕方ないとはいえ、スタッフ共々のサービスの質が悪いです。

最後に、ベレンでよく使われるセールス方法は、人の取り置きを試着させ、
買ってもらう方法。

これ、結構トラブルの元になります。実体験からいうと、その場で買えないなら、
試着しないほうが良いです。

お金払って、商品が届かないなど不安要素が多いので、別の機会にしましょう。
いかがでしたでしょうか?

まだまだ書けてないエピソードもあるので、また書きたいと思います。

とはいえ、ベレンにも良いところはもちろんあります!郷土料理は一番美味しいです。

今回は、ブラジルではなく、ベレンの店員スタッフあるあるについて紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました