ブラジルの生活 ブラジル文化

【文化】ブラジルには結婚手続きが2通りある!?事実婚と結婚の違いとは?

alt=”ブラジルの結婚”ブラジルの生活

先日、友人が結婚しました。しかし、今週招待を受けたのは婚約式。

「え、結婚したのではないのか?」と思ったのですが、ブラジルならではの「結婚」認識問題が発覚。

今回は、ブラジルの結婚の仕方について紹介します。

ブラジルの結婚には、união estável(事実婚)とcasamento(結婚)の両方が存在します。法律上では結婚に変わりませんが、何が異なるのか調べてみました。

今後、ブラジル人と結婚する方の参考になれば幸いです。

事実婚と結婚の違い

ブラジルにはunião estável(事実婚)とcasamento(結婚)の2種類があります。

ブラジルでは、重婚は違法です。

事実婚

  • 書類上では、独身扱い
  • 事実婚の場合、他の人と結婚や何人とでも事実婚が出来る

結婚

  • 手続きをして、既婚者扱いになる
  • 結婚手続きの時に、三択から名前が選べる
  • 重婚は違法なので、既婚者が他の人と結婚することはできない

法律上では権利は変わりませんが、異なる点は、結婚では重婚が出来ませんが、
事実婚では他の人と一回の結婚や何人とでも事実婚の手続きをすることが出来ます。

では、次はunião estável(事実婚)とcasamento(結婚)のメリットとデメリットを見ていきましょう。

união estável(事実婚)のメリットとデメリット

メリット

事実婚は、簡単に手続きすることができます。

パートナーの仕事で、結婚の有無により、移動費などが異なる場合、

すぐに手続きすることが出来ます。

デメリット

書類上では独身扱いになるので、

他の人と事実婚していて、さらに事実婚することも書類上では可能です。

書類上では何人も事実婚することは出来るとはいえ、そんな方はいないことを願いたい・・・。

仕事場の移動費などの問題があり、事実婚の手続きをしたが、のちに結婚手続きをする人もいます。事実婚は、言って見れば「お試し」にもとれます。

人によって認識は異なりますが、冒頭で述べた友人は、事実婚しましたが、彼女の中では、その後結婚手続きをした後に、挙式をしての「結婚」とのことなので、「婚約」という認識のようです。

casamento(結婚)のメリットとデメリット

alt=”ブラジルの結婚”

メリット

書類上では既婚者扱いになります。

日本の結婚と同じです。

書類上でも既婚者になるので、他の人と結婚手続きをしても重婚になり、

法律違反になるので出来ません。

結婚する場合、名前は三択から選ぶことができます。

一つ目は、日本同様に、夫の姓を使う。

二つ目は、夫婦別姓もあるので、旧姓を使う。

最後は、夫と妻の姓の両方を合体させた名字。

(順番は必ず妻の姓のあとに、夫の名字になります。)

デメリット

ほとんどありませんが、手続きは複雑です。

同様に、離婚手続きも難しいです。

ブラジルの結婚式については、過去記事をご覧ください。

まとめ

友人の一言で疑問に思った「結婚」認識問題。

ブラジルでは、結婚手続きにunião estável(事実婚)とcasamento(結婚)の2通りがあります。

今回は、união estávelとcasamentoの異なる点を紹介しました。

法律上は、どちらも同じ権利があります。

何度も言いますが、重婚はブラジルでは違法です。しかし、事実婚では、書類上では独身扱いなので、他の人と一回結婚できるだけでなく、何人でも事実婚ができます。

そんな方はいないとは思いますが、事実婚との大きな違いは、書類上の扱いが異なる点です。

一方、結婚は日本と同じです。書類上でも既婚者扱いになります。手続きは複雑で、別れる場合も手続きは複雑です。

結婚する場合、名前は三択から選ぶことができます。一つ目は、日本同様に、夫の姓を使う。次は、旧姓を使う。最後は、夫と妻の姓の両方を合体させた名字。

いかがでしたでしょうか?

今回は、ブラジルの結婚手続きについて紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました