ブラジルの生活 リオデジャネイロの生活 レストラン情報

【音楽】おしゃれの代名詞ボサノヴァ!イパネマの娘の秘話を知っていますか?

alt=”イパネマの娘”ブラジルの生活

日本のカフェなどでよく耳にする、おしゃれの代名詞ボサノヴァ。ブラジルでは、滅多に聞くことがありません。

実は中級階級の音楽で、ブラジル国民はあまり聞きません。

今回は、ボサノヴァの名曲「イパネマの娘」を紹介します。

日本で一番聞かれているブラジル音楽、イパネマの娘。
モデルとなった女性がいることをご存知でしょうか?

ボサノヴァの音楽の歴史から、イパネマの娘が誕生した場所まで紹介したいと思います。

サンバとジャズの影響を受けたボサノヴァの歴史

ボサノヴァは、サンバから派生した音楽で、

リオデジャネイロの南地区、イパネマ地区を中心に、1950年代末に生まれました。

João Gilbertoを中心に歌の会が開かれ、ほとんどの演奏メンバーは、大学卒業の中級階級の人たちで、ブラジル国民の音楽ではありませんでした。

ボサノヴァは、ジェズの影響も受けており、ささやくように歌うのはジャズの影響です。

Melim – Garota de Ipanema / The Girl From Ipanema (Tom Jobim / Frank Sinatra)

1960年代に、TomとViníciusのディエットと、João Gilbertoを中心に、色んな歌手がボサノヴァを歌い、ボサノヴァは確固たる地位を築きました。

TomとViníciusは、英語版のイパネマの娘を、“My Way”や“New York, New York”で有名なFrank・Sinatraと共演しました。

イパネマの娘は実在した!?

イパネマとは、リオのイパネマビーチを散歩する魅力的な女性への憧れを歌ったものです。

その女性とは、Heloísa Pinheiro(通称 Helô Pinheiro)という名前の女性。

http://helopinheiro.com.br/

一瞬で有名になった「イパネマの娘」

Heloísaがモンチネグロ通り(現 Vinícius de Moraes)を歩いていた時、通称Veloso(現 garota de ipanema)というバルがあり、通る時に、二人の男性が呼びかけたことに気がつきました。その二人の男性が、「イパネマの娘」の作詞家と作曲家であるTomとViníciusでした。

ある日、知人で有名な写真家により、HeloísaはTomとViníciusが自分のことを曲にしたことを知りました。

発売した3年後に、「誰がイパネマの娘なのか?」と話題になり、色んな娘が名乗り出ました。写真家から聞いていたので、Heloísaは自分だとは思っていたけど、証拠はありませんでした。

「Manchete」という雑誌が家に電話をかけてきて、母親に取材許可を求めました。当時、Heloísaは17歳でした。

Vinicioは、本当のイパネマの娘を公開したかったので、Heloísaと面会したかった。結果的に面会が実現でき、三人は感動的な再会をしました。その時、二人はHeloísaに「あなたは、私たちの女神」と言ったようです。

雑誌に記事が掲載後、世界中から取材が殺到しました。

Eterna 'Garota de Ipanema' lembra com saudade do Rio de 1965; assista
Nos 450 anos do Rio, a musa dos 400 conversou com o G1. Hoje avó, a bela inspirou o hino da bossa nova, de Tom e Vinicius.

(ちょっと小話)

2016年リオオリンピック、パラリンピックのマスコットキャラクターの名前は、
イパネマの娘の作詞家と作曲家である、TomとViníciusが由来となっています。

alt=”イパネマの娘”
(右)オリンピックキャラクターTom(左)パラリンピックキャラクターVinícius

「イパネマの娘」と縁が深いレストラン

リオに行ったら、「イパネマの娘」が作られた場所であり、
縁が深いレストランに行かないと!

1949年Bar Montenegroとしてオープン。

しかし、常連客の間では、オーナーの名前から、Bar do Velosoと呼ばれていました。

1975年、今のオーナー達の手に渡り、「Garota de Ipanema」になりました。

alt=”イパネマの娘”

今まで大きな改修工事は3回行われていますが、有名な常連客たちの写真は残されています。

alt=”イパネマの娘”
有名な常連客たちの写真

ここの名物は、お肉を自分で焼きます。

alt=”イパネマの娘”
お肉は、自分好みの焼き加減で食べれます。

一皿で四人分くらいの量がきます。

alt=”イパネマの娘”
ここにきたら食べないと!オススメのガーリックパン

ガーリックパンは、
程よいニンニク風味が美味しく、お肉との相性も良いので、
頼む価値があります。

壁には、「イパネマの娘」の楽譜が!

alt=”イパネマの娘”
「イパネマの娘」の楽譜

今回紹介したお店は、こちら!

Restaurante e Bar Garota de Ipanema

R. Vinícius de Moraes, 49 – Ipanema, Rio de Janeiro

Garota de Ipanema
Garota de Ipanema、リオデジャネイロ - 「いいね!」3,492件 · 3人が話題にしています · 11,181人がチェックインしました - 居酒屋・バー

まとめ

日本では、おしゃれの代名詞ボサノヴァ。ブラジルでは、殆ど聴かれません。

ボサノヴァは中級階級の音楽が理由のようです。

今回は、イパネマの娘について紹介しました。

「イパネマの娘」のモデルになった女性は、実在した!?

縁のあるレストランでは、オススメの料理まで紹介していました。

リオに行かれた際は、ぜひ行かれてみてください。

タイトルとURLをコピーしました