ブラジルの生活

【海外生活】オンラインは最強ツール!?日本語教師と授業を受ける側で考えてみた

alt=”オンライン”ブラジルの生活

語学学習を受講、あるいは教える場としても、オンライン授業がオススメ!!

今回は、オンラインの語学授業について紹介します。

私は、コロナウィルスが流行る数年前から、語学授業はオンラインにしていました。語学学習を受講、あるいは働く場としてもオススメです。

オンラインは最強のツール!?

オンラインの最大のメリットは、在宅で勉強や仕事ができるので、時間を有効活用出来ます。ブラジルでは、時間通りに行く事は少ないのですが、オンラインは時間通りなので本当にオススメ。

オンラインの語学授業は、自分が受ける場合も教える場合もメリットが多いです。

まず、オンライン授業を受講した場合で考えてみます。

オンライン授業を受講する場合

ポルトガル語教室を初めは通学で通っていたのですが、オンライン授業に変えました。

オンライン授業にはメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 交通費がかからない
  • 交通渋滞に巻き込まれる心配も無い
  • 移動時間が無い
  • Skypeで授業が行われる場合、時間通りに授業してくれる。

デメリット

  • 停電になると使えない

オンライン授業を受講する場合、停電になると使えないなどの問題点はありますが、交通費や移動時間がなくなるので、時間や費用に余裕が出来ます。

ベレンの場合、天候により渋滞に巻き込まれたりして、授業に遅れる事はありましたが、停電で授業が受けれなかった事は幸運なことに一度もありません。

サンパウロ州以外でポルトガル語教室を探す場合は、ポルトガル語のオンライン授業で探される事をオススメします。

対面授業でももちろんメリットはありますが、コロナなどの病気を考えると、

今後オンライン授業を検討されても良いかと思います。

語学学校の先生を選ぶポイントは、こちらの過去記事をご覧ください。

オンライン授業で教える場合

海外で生活していると、なかなか働く事が難しいと思いますが、オンライン授業で日本語を教えてみませんか?

オンラインで教える場合のメリットとデメリット

メリット

  • 家賃がいらない
  • どの州でも教えることができる
  • 授業料を自分で決める事ができる

デメリット

  • 信頼関係を作るのに時間がかかる
  • ドタキャンもあるので、対策は必要
  • 生徒が来るのに、時間がかかる

オンライン授業を教える場合、信頼関係を築くのに時間がかかるだけでなく、ドタキャンもあるので対策は必要です。

オンラインに限らず、教える事で最大のメリットは語学力に自信がつく事です。

日本語を教える場合、授業は基本的に日本語で行いますが、最初のうちはポルトガル語でも説明します。

相手に理解してもらえる説明は、最初は難しいかもしれませんが、生徒が理解する姿は嬉しいものがあります。

生徒が来るのに時間がかかるので、色んな日本語教師のサイトで登録する事をオススメします。

海外生活ではストレスも抱える事が多いのですが、日本語の普及の一役を担う意味でも、オンラインで教えられてはいかがでしょうか?

まとめ

オンラインは最強ツール!?
今回は、授業を受ける場合と教える場合で考えてみました。

オンラインで授業を受ける場合は、移動時間や交通費が必要無いので、時間などに余裕が生まれます。

停電になると授業が受けられないデメリットはありますが、今まで2、3年オンライン授業を受けてきた中では、一度も停電になったことはありません。

オンラインで日本語を教える場合、どの州でも教えることが出来ます。デメリットとしては、ドタキャンもあるので対策が必要です。

生徒が来るのに時間がかかるので、色んな日本語教師のサイトで登録する事をオススメします。

いかがでしたでしょうか?

今回は、オンラインについて紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました