ブラジルの生活 ブラジル文化

【文化】ブラジルの食事会は家族も参加!?同性だけの会は存在しないワケ

alt=”ブラジルの食事会”ブラジルの生活

ブラジルでは、ある会が存在しない!?

今回は、ブラジルの食事会事情について紹介します。

ブラジルの飲み会は、日本とは少し異なる!?そもそもブラジルには、
日本のような居酒屋はないので、レストランで食事をします。

ブラジルでは、ある会が存在しない!?

日本では、「女子会」「男子会」などと呼ばれて、同性同士で集まって食事をする時があります。

しかし、ブラジルでは、同性同士の食事会は「ほぼ無い」と宣言できるくらい、
家族や恋人も連れての食事会しかありません。

普段の食事会、飲み会でも、家族連れで参加します。

「一人」で参加する場合は、彼女、彼氏がいない独身者、
あるいは何らかの事情でパートナーが参加出来ない人のみです。

日本では、公式の食事会では配偶者とともに参加しますが、
基本的にふだんの職場の飲み会に参加することはほとんどありません。

では、本当にブラジルでは同性だけの会は存在しないのでしょうか?

ブラジルでは、食事会は家族や恋人も参加。

ブラジルで「同性だけの会」ももちろん存在します!女子会編

とはいえ、数はすごく少ないのですが、「同性しか参加しない会」もあります。

独身時代では、同性同士で食事するので、パートナーがいない人が集まる時は、
ナンパ目的もあるので、「同性の会」が存在します。

実際に参加した「女性だけの会」があるのですが、それは以下の理由です。

パートナーに怒ってますよ!という時。

ただストレスを発散するために、
ちょっと集まろうよ!という会が存在します。

今まで参加した女性だけ会で、夜に行われたのは一回だけですが、
実は昼間に開催されていることが多いです。

場所はだいたいカフェテリアというか、ケーキ屋さんです。

日々のストレスなどもあり、そこでストレスが発散されます。

女性だけの会は、やっぱり存在します。基本的には、ケーキ屋で行われます。

「男子会」が存在しないワケ

しかし、男性だけの会「男子会」は、あんまり存在しません。

「男子会」では、職場限定の話で、
仕事の話で誰にも言いたくないけど、聞いて欲しい時のみ存在します。

普通の食事会であれば、パートナーなどが参加してしまうので、
ちょっと聞かれたくないけど、電話で解決する話でも無い時は行われ、
年に一回くらいなので、本当に少ないですね。

しかし、ブラジルでは配偶者が心配するのか、
その開催が少ない男子会では、比較的早めの門限が設定されたりします。

私の友人の話になりますが、その理由を聞いてみました。

「男性だけでバーに行くのは、どうしてダメなのか」と。

男性が同性だけで行くと、
ナンパされるかもしれないからという答えが返ってきました。

結婚していようが、男性だけでは行動させたく無いようです。

日本の飲み会事情を話したら、たいがいビックリされます。

それにしても、ブラジル人妻は嫉妬深いというか、なんていうか・・・・。

男子会は、ブラジル妻や恋人が心配するので、あんまり存在しません。

まとめ

ブラジルの飲み会、食事会では、「ある会」が存在しません。

「ある会」とは、同性だけの会。

ブラジルでは、レストランで食事する場合、パートナーや家族も参加します。

一人だけの参加は、彼女、彼氏がいない独身者、

あるいは何らかの事情でパートナーが参加出来ない人のみです。

ブラジルの「女性だけの会」は、夜に食事する機会は少ないですが、
平日に「ケーキ屋」で行われます。

「男性だけの会」は、では、職場限定の話で、
仕事の話で誰にも言いたくないけど、聞いて欲しい時のみ存在します。

主に、ブラジル人の女性が「同性だけの会」に行って欲しく無いようで、

早めの門限が設定されていたりします。

ブラジルの「同性だらけの会」は、いかがでしたでしょうか?

今回は、ブラジルの食事会について紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました