ブラジル生活 文化

【価値観】ブラジル人は関西人並みにうるさい!?お金の話題に関する三つの情報

alt=”ブラジルのお金”ブラジル生活

ブラジルに住んでいると、関西にいるような感覚になります。

めちゃくちゃ聞かれる、お金に関する話題。

今回は、ブラジル人との話題の一つ、お金にまつわる情報について紹介したいと思います。

ブラジルでビックリすることの一つに、やたら値段を聞かれたりすることありませんか?

どうやら共通の話題として、「お金に関する話題」は定着しているようです。

ブラジルでは、関西並みにお金、費用について聞く!?

ブラジルで苦手なテーマの一つ、めちゃくちゃ値段を聞いてきませんか?

ブラジル在住の日本人なら、情報の一環として聞くのはありなのですが、

ブラジルでは、どうやら共通の話題として取り入れられています。

金銭感覚は人それぞれなのですが、どうもブラジル人はさまざまな値段が気になるようです。

その範囲はとどまるところを知らず、アクセサリーや服ではなく、

さらには友人の結婚式にかかった費用など・・・。

答える方も答える方ですが、別に隠す事でも無いのかと思えるほど、ほとんど答えてしまいます。

お金にケチケチしているイメージの関西人から見てもビックリするほど、

めちゃくちゃ使う共通のテーマ「いくら!?」。

ブラジル人の会話の共通話題の一つ、値段を聞くの技!とどまるところを知らないので、すごすぎる!!

聞いてもいないのに、高いと言ってくる率高し!

日本製となると、ブラジルでは高級品になります。

例えば、ブラジルで日本の化粧品や食品を買うと出てくる第一声は、だいたいこれ!

「高いよねー!」

でも、ちょっと待って!

当然のことながら、配達、関税、人件費が入るので、日本と同じはずがあるわけない。

だいたいコミュニケーションの一つとして取り上げられることが多いです。

まぁ、日本円で計算しても、レアルで考えても、日本製品は高くなるのは仕方が無い。

日本製と聞いたら、「高いよねー」の返し率がめちゃ高い。

ブラジルでお金の話をするのは、場所を考えて!リスクが高い!

知っておいていただきたいのですが、ブラジルでは誰が聞いているか分かりません。

日本語で話していても、誰が聞いているのかわからないので、油断は禁物です。

狙われてたら、元も子もないので・・・。

ただでさえ、外見も目立つので、リスクが高い話はやめましょう。

あと、親族であれ、お金の話をするのは、
相手が困った時にお金の貸し借りの話にもなるので、自分の貯金額などは一切言わないこと。

コミュニケーションの一つとして取り上げられますが、結構リスクが高い話題です。外出先での話としてはご法度。

まとめ

ブラジルでは、関西人並みに「これ、いくらだった?」と聞かれる率が高いです。

コミュニケーションの一環なのかもしれませんが、
苦手な話題の一つでもあります。

なぜなら、金銭感覚は人によって異なるからです。

聞く範囲はとどまるところを知らず、結婚式の費用まで聞き出すことも!?

今後の参考、あるいは興味本位で聞くのかもしれませんが、だいぶビックリします。
質問されても、はぐらかすわけではなく、ちゃんと答えるので、これまたビックリします。

日本の化粧品や食料品は高級品のイメージがあり、
実際には日本で買う値段よりも倍近く変わることもあるのですが、「高いよね!」の返し率の高さ。

そんな方にいつも思ってしまうのが、日本商品を買う場合、人件費、配達費、関税などかかるので、
日本と比べると高くなるのは当たり前だということ。

ブラジルでは「お金の話」をしても問題は無いのですが、誰が聞いているか分かりません。
ただでさえ目立つので、外出先の話題としては避けた方がいいかと思います。

誰が聞いているか分かりませんからね。

いかがでしたでしょうか?

今回は、ブラジルの金銭感覚について紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました