ブラジルの生活

【生活】関西人が伝える、ブラジルのスーパーで気をつけたい3つのこと

alt=”ブラジルのスーパー”ブラジルの生活

ブラジルのスーパーは、日本のスーパーのように、
値札プレートなどを鵜呑みにして買いに行ける場所ではありません。

量、値札プレートなど、ひっかけ問題が多い!?

今回は、ブラジルのスーパーで、気をつけたいことについて紹介します。

関西人から見たら、ツッコミたいところことだらけ・・・。

スーパーに行かれる時は、チェックしてみてください。

値札と会計の値段が違う!?

値札がない商品が、たまにあります。

スーパーでお会計前に値段知りたいですよね?

スーパー内に設置している、この機械に商品をかざせば、値段を知ることができます。

alt=”ブラジルのスーパー”

注意すること

値札と機械に表示された値段が異なることがあります。

例えば、このパスタ。

イタリアから輸入したもので、他のパスタと比べるとちょっとお高めです。

alt=”ブラジルのスーパー”

機械では9.5レアルと表示されていますが、値札では8.5レアルです。

alt=”ブラジルのスーパー”

機械に表示された値段は、レジの値段と同じになります。

ここで要注意

値札で買いたい時は、証拠を押さえときましょう。

なぜなら、お店側が会計時までに値札を変更することもあるので、

お店側の言い訳を無くすために証拠を押さえる必要があります。

この値段誤差は、お店の責任なので、ちゃんと交渉しましょう。

値札を写真に撮り、レジで伝えます。

お店のスタッフが値札を確認し、その後購入することが出来ます。

その後、値札は改められ、レジの値段と統一されます。

「少額」だから良いやと思うかもしれませんが、お店側に伝えることで、
今度からは注意しようとお店の質が向上してくれたら幸いです・・・いや、ならないかもしれませんが・・・。

計算必須!?たまに「お得」感のない引っ掛け問題

商品棚に書かれている、あたかも「お得」感のある張り紙。

お得なことももちろんありますが、そうでないときもあります。

例えば、下記の商品。

alt=”ブラジルのスーパー”

同じ商品で、左は200グラム増量と書いてあるにもかかわらず、
右に比べるとちょっと高い。

でも、左右共に同じ量なんです。

さらに、トイレットペーパーで4個、12個、16個売りがありますが、
値段から一個あたりの個数を出し、計算する必要があります。

このひっかけ、お気をつけください。

目視でも分かる、商品棚に並ぶ中身が異なる量の商品

ブラジルの商品、なぜか全部均等に売られていません。

これが本当に不思議なのですが・・・

商品棚に並ぶ、商品の中身にご注目!

alt=”ブラジルのスーパー”

同じ量として販売していますが、ぱっと見で全然量が異なるのがわかります。

この商品だけでなく、洗剤なども量がバラバラです。

目視でも、全然量が異なることが分かるので、買う際はチェックしてみてください。

ベレンのスーパーは、なんでも売っている!?

ブラジルで一番広いのは、ベレンのスーパーではないでしょうか?

alt=”ブラジルのスーパー”

ベレンのスーパーは、
1階が食品売り場、2階は洋服や文房具、3階は電化製品の作りが殆どです。

alt=”ブラジルのスーパー”

2階まででも、だいたい食品から電化製品まで売られています。

そして、こんな物まで見つけてしまいました。

alt=”ブラジルのスーパー”

これ、美容室で使われるシャンプー台。

なぜ、ここに!?

業務用スーパーでもなく、至って普通のスーパーなのですが、
需要があるのか気になるところです。

まとめ

ブラジルのスーパーでは、ひっかけが多いです。

  • 値札と会計時の値段が違う
  • 「お得」感を出しながら、お得の商品ではなく、普通の商品がお得
  • 商品棚の量が、目視でも全然違う

ブラジルのスーパーは、ツッコミどころが満載なので、お買い物をしていただけたらと思います。

さらに、ベレンのスーパーでは、普通のスーパーでは売られていない物まで販売しています。

いかがでしたでしょうか?
今回は、ブラジルのスーパーで気をつけたいことを紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました