ブラジルの生活

【生活】なぜ、ポルトガル語を勉強する必要があるのか?3つのメリット

alt=”ポルトガル語のメリット”ブラジルの生活

海外生活で現地の言葉を話すためには、言語の勉強する必要性があってこそ、
初めて勉強されるかと思います。

今回は、ポルトガル語を勉強する、3つのメリットについて紹介します。

ブラジルでは、日本語、コロニア語、ポルトガル語があるので、

どの社会に属しているかによって、

ブラジル公用語であるポルトガル語が話せなくても生活することができます。

とはいえ、ポルトガル語を勉強することにより、メリットはもちろんあります。

最低限の単語は知っておくべき!?自分の身を守ることができる

ポルトガル語を知っているのと、知らないで変わってくるのは、

自分の身を守ることができるかどうか。

日本ではイメージしにくいかもしれませんが、

海外で生活する場合、最悪の事態を考えないといけません。

ブラジルは、治安があまり良くありません。

もし強盗などにあったときに、ポルトガル語を知っていれば、何を要求しているか分かるかと思います。しかし、知らなければ、相手が要求していることもわからず、命を落とす可能性もあります。

そのためにも、最低限の言語は知っておくことをお勧めします。

ブラジルのベレン領事館では、病院で使う言葉や強盗が発言するであろう言葉も扱っているので、

一度目を通されることをオススメします。

在住歴6年目になりますが、一度も危ない目にあったことはありませんが、
知っておいて損はないかと思います。

ベレン領事館のサイトは、こちら!

ベレンにおける「安全の手引き」

必ず強盗に遭うとは限りませんが、
「備えあれば憂いなし」の文言通り、知っておくことに損はないかと思います。

圧倒的に有利なのは行動範囲が広がる!

ポルトガル語を知っていれば、圧倒的に有利なのは行動範囲が広がることです。

例えば、ブラジルではUberで移動出来たり、

今まで家でご飯食べていたのが、気分転換にカフェやレストランに行くこともできます。

夫婦喧嘩しても、家の軒先までしか行けなかったのが、

頭を冷やす為にショッピングセンターなどにも行けます。

行動範囲が広がることで、ストレス解消にもつながり、日々のストレスを溜めずに済みます。

言語を学ぶことにより、行動範囲が圧倒的に広がる!

より快適な生活を送るには、いろんな人を知ること!?

ブラジルには、日系社会とブラジル社会があり、両方を行き来することで、

いろんな方に出会うことができます。

日系社会の弱点である、ブラジルの多様性はブラジル社会を通じて知ることが出来ます。

ブラジル人の友人を作ることで、現地のおすすめのレストラン、便利な情報を知ることができます。

例えば、Whatappでブラジル人の奥様グループがあるのですが、
交通状況、生活情報などを共有することができます。

なにより、ブラジルに住んでいるので、ポルトガル語しか話せないブラジル人とも知り合うことで、

色んな刺激を受け、人間として成長できます。

もちろん、日系社会も日本語が通じたり、現地の日本食などに関する情報は、

現地の日系人が一番よく知っており、ブラジル人には分からない部分があるので、

ブラジル社会と日系社会の行き来をすることをオススメします。

私は、現地の日本食品情報は日系社会を通じて知り、
現地の生活情報はブラジル人から知るなど、ブラジル社会と日系社会を行き来しています。

ポルトガル語を勉強することにより、ブラジル人と知り合うことができる。
結果的に、日系社会とブラジル社会を行き来できるので、より快適な生活が送れます。

初心者にオススメのポルトガル語教材は、こちら!

まとめ

ブラジルには日系社会があるので、
ポルトガル語を勉強するきっかけを失っている方もいるかもしれません。

しかし、ポルトガル語を知ることで、3つのメリットがあります。

一つ目は、自分の身を守ることができます。

最悪の場合、強盗に遭うことも考えられます。

ただでさえ、パニックになるかと思いますが、単語を知らなければ、

さらにパニックになるかと思います。

何を要求しているかどうかで、身を守ることができます。

「最低限」は知っていても良いのではないでしょうか?

二つ目は、行動範囲が圧倒的に広がります。

一人で行動できる範囲が広がれば、Uber、レストランなども行けるので、

行動範囲が広がります。

三つ目は、いろんな人を知ることができます。

日系社会とブラジル社会を行き来することで、より住みやすい情報を得ることができ、

結果的に生活がより快適になります。いかがでしたでしょうか?

今回は、ブラジルでポルトガル語を勉強する、3つのメリットについて紹介します。

タイトルとURLをコピーしました