ブラジルの生活

【生活】日本とは異なる!?海外でストレスフリーに生きて行く一つのコツ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
alt=”海外のストレス”ブラジルの生活
スポンサーリンク

海外生活では、日本のような「謙遜」が通じません。

今回は、ブラジルでストレスフリーに生きて行くコツについて紹介します。

日本では、「謙遜」は日本社会で生きて行くためには、必要なことです。
しかし、ブラジルでは「謙遜」はあまり理解されず、自信のない人となってしまいます。

ブラジルでストレスフリーで生きて行くために、たった一つのコツを紹介します。
このブログは、ブラジルに特化していますが、他の国でも実践出来るかと思います。

ブラジルで「謙遜」を辞めた理由

ブラジルでは、日本のように「謙遜」にしていては、
自信がない、あるいは意見がない人になってしまいます。

ブラジルで生活し始めた当初は、どういう風に接して良いかわからず、
日本のように接していました。

ブラジルでは、日本語やコロニア語が通じるとはいえ、どこまで通じているかは、
確証はありません。

日系人も、ブラジルで生活しているので、日本語の裏のメッセージが通じなかったり、
こちらが謙遜で伝えても、言葉通りに受け取られることがあります。

ブラジルと日本の違い

例えば、友人の家に遊びに行った時に、
「お家大きいね」といえば、「すごいでしょ」って返ってきます。

本当に大きなお家だったので、率直な感想として言ったのですが、
日本だったら「そんなことないよ」とか返ってくるので、
ブラジルでの返答は、会話の流れが止まってしまうので、多少は戸惑います。

私の周りは、リオ出身者なので、ブラジル在住の方はご存知かと思いますが、
ブラジルの女性って意見が強い。

このままでは、友人を作るどころか、孤立してしまうと危機感を抱き、
あることを実行することにしました。

ストレートに意見を言う

海外で生活しているので、その国の人から見たら、「日本人」であり、「外国人」になります。

今までは「謙遜」にしてきましたが、もっと近づくために、態度を変えてみることにしました。

それは、ストレートに意見を言うこと

ポルトガル語を勉強し始めたこともあり、ストレートにしか物は言えません。

ただ、「ストレートに意見を言う」ことにより、ポルトガル語の勉強にもなるし、
「外国人」だから、多少失礼な言い方になっても、
「話そう」としているという評価につながります。

ブラジルの女性は、意見というか、「我」が強いので、
「郷に入れば郷に従え」という文言通り、同じように降り舞うことにしました。

「謙虚」な対応をやめ、ストレートに物を言うことで、ある関係が大きく変わりました。

「謙遜すること」を辞めた後の反応

物をストレートに言うようになったことにより、
ポルトガル語の会話力は大幅に上がりました。

さらに、人間関係は良好になりました。

日本での振る舞いのように行動していれば、
相手に意見が伝わりづらく、意見がないと思われるので、なかなか近づけません。

ポルトガル語が上達したら、丁寧な断り方も言えるかと思いますが、
ストレートに言ってみても、相手側は分かってくれるかと思います。

ブラジルや海外で生活している時は、「謙遜」を辞めて、あえてストレートな物言いをしてみましょう。褒められたら、「すごいでしょ!」の一言でも言ってみて。関係がグッと近づきますよ。ただ、日本では「謙遜」することをお忘れなく。

まとめ

海外生活していると、結構ストレスがたまります。

少しでも、ストレスを減らしたい。

そこで、ブラジルでストレスフリーに生きて行くコツとして、
「謙遜」はほぼ理解されないので、ストレートに物を言うことにしました。

ブラジルでは、「謙遜」が意見、自信がないと思われ、なかなか意見が通りません。
ポルトガル語を勉強し始めた人ばかりの人でも、実践できるコツはストレートに言うこと!

行きたくない時は行きたくない、何かしたい時はしたい!と伝えることで、

ポルトガル語の会話レベルはあがるだけでなく、
ブラジル人からもポルトガル語を学ぼうとしていると評価するので、
より親しくなります。

いかがでしたでしょうか?

今回は、ブラジルでストレスフリーに生きて行くコツについて紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました