ブラジル生活ライフハック

【経験談】なぜ、太るのだろうか?ブラジルの食生活になれなくても良い理由

alt=”太る理由”ブラジル生活

海外で生活すると太った!なんでだろう?

こんな疑問に答えます。

初めて公表します。
私、ブラジルで生活し始めて、2桁ほど体重が増加しました。

今回は、海外生活で太ってしまう!?気をつけたいことについて紹介します。

今はダイエットしたので、平均体重まで後4キロになりましたが。
いつも心の中で「大丈夫、大丈夫!いつか痩せる」と思っていました。笑

これ、本当に注意が必要です。

日本に一時帰国した時に、「あれ!?思っていた以上に太いぞ?」と思うだけでなく、
将来的に健康の面でも問題が出てきます。

なぜ、ブラジル生活で太ってしまうのでしょうか?

合わせて読みたい

ブラジル人がなぜ太っているのかを考察してみた
→ なぜ多くのブラジル人は、太っているのか?

サイズ感覚が異なるので、ついつい食べ過ぎてしまう

食事をオーダーする時に、「何人分ですか?」と聞くことがあるかと思います。
「2、3人分」と言われたので注文すると、まさかの4、5人分あったなんてこと、
結構ありませんか?

さらに、ブラジルのレストランでは、基本的に残ったものを持ち帰れます。
結果的に、翌日食べたとしても、結構な量を食べてしまいがち・・・。

ついつい出された量を食べてしまい、一人分の感覚が鈍くなっていきます。

日本人の代謝に合わない

alt=”太る理由”

「郷に入れば郷に従え」の言葉通り、食生活を変えると痛い目に遭いました…。

ブラジルでは、キャッサバをよく食べます。

ブラジルの朝食タピオカ、ファロッファなど、
形は変えても、元はキャッサバであり、マンジョッカ。

色々な呼び方がありますが、どう呼んでも炭水化物という事実には変わりません。

さらに、イタリア移民が多く、その影響もあって、ピザが安いし、美味しいんです。

昨年、食事を楽しようとパスタとピザを繰り返し食べていたら、
コレステロール値がとんでもない数値に…。

医者と話した時に、ブラジルに住んだからといって食生活を変えるのではなく、
日本食の方が栄養バランスもいいので、戻した方が良いと言われました。

自分の食べ物を管理しないと、とんでもないことになりますよ。

読んではいけない!ピザが食べたくなる理由

車移動、あるいは引きこもり

alt=”太る理由”

日本では、電車で移動することが多いかと思いますが、ブラジルでは車移動が主流。
治安面からも、すぐにUberを呼ぶなど、車で移動します。

ショッピングセンターで歩くくらいなので、そもそも運動不足…。

さらに、外出自粛生活でひきこもりになるので、ますます運動不足は深刻化します。

一番の理由は、「気づかない」。そして、「気にしなくなる」

alt=”太る理由”

一番怖い理由が「気にしなくなる」

周りにいる人が、大きいサイズなので、自分がやせてみえるので、
まだまだ大丈夫という安心感すらあります。

服のサイズも、日本のサイズよりも小さいので、サイズ感覚が崩壊します。

あぁ、やばいと思った方いませんか?

日本から持ってきた中に、こんなものを持ってきました。

危機感を持つためにも、毎日記録をとった方が良いですよ。
体重、体脂肪率、BMI、筋肉量、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢の6項目が測定出来ます。
しかも、乗るだけで電源が入り、測定者を自動で識別して、結果を表示します。

こんなに細やかに測定出来る体重計は、日本でしか買えません。
海外生活予定者は、今すぐ購入して手間を減らしましょう。

参考

公式通販サイトなら、他にも健康管理の商品が豊富。

タニタオンラインショップ

体重計に乗ることをルーティンにしてから、ダイエットを意識し始めました。

タイトルとURLをコピーしました