ブラジル生活料理

【レシピ】あっさりブラジル料理⁉圧力鍋で作る、絶品ハバーダの作り方を教えます

alt=”ブラジル料理”ブラジル生活

ブラジル料理でも、変わった料理が食べたい!
日本でも作れるブラジル料理が知りたい!

こういった質問に答えます!

ブラジルでは、牛に限らず、豚の鼻や耳まで、驚きの部位まで食べます。

ブラジル料理の代表といえば、
フェジョアーダやシュハスコが有名。でも、美味しい料理は他にもあります!

今回は、驚きの牛の尻尾、牛のテール料理ハバーダをご紹介します。

お家で、ブラジルの歴史が詰まったハバーダ料理を作りませんか?

レストランによっては、豆やジャガイモなども入っているので、
食べたあとが胃にずっしりくる感じがありますが
ブラジル人の義父直伝のハバーダ料理は、何度もお代わりしたくなるほどの美味しさ。

コッテリだけど、アッサリしているハバーダの作り方をご紹介します。

義父直伝のハバーダの作り方

用意するもの(56名分)

・牛のテール 1.5キロ
・塩 1.5杯
・玉ねぎ 3個
・トマト 5個
・ニンニク 3個

作り方

まず、圧力鍋に牛、塩、ニンニクを入れます。

だいたい30分ほど、煮込んでください。

alt=”ブラジル料理”

火を止めて、15分放置します。

この間に、トマトと玉ねぎを用意します。

だいたい、くし型に切ってください。

alt=”ブラジル料理”
alt=”ブラジル料理”

その後、トマトと玉ねぎを入れて、15分ほど煮込みます。

alt=”ブラジル料理”
ハバーダ、煮込み中

最後に、パセリを入れて混ぜたら、出来上がり。

alt=”ブラジル料理”
ブラジル料理ハバーダ煮込む

あとは、お皿に盛り付けたら出来上がり!

alt=”ブラジル料理”
ハバーダの完成

トマトが入っているので、サッパリしていて、美味しいですよ。

日本でもハバーダが作れます!お家でブラジル料理を食べてみませんか?

日本でも購入できます!

ハバーダ料理の歴史

「ハバーダ」は、ブラジルの歴史を歩んできた料理です。

ブラジルの奴隷制度時代、黒人奴隷が食べられることが出来た部位は限られ、
黒人奴隷が食べることが出来た部位である牛のテールをトマトで煮込んだ料理が、
この「ハバーダ (rabada) 」です。

名前の由来も、牛の尻尾を意味する「rabo」とジャガイモ「batata」になったそうです。

州によって異なる⁉各曜日の日替わり料理

サンパウロでは、日替わり定食のメニューがあり、曜日ごとに食べる料理が異なります。

サンパウロでは、ハバーダ料理は毎週木曜日に食べます。

リオではレストランごとに異なります。

オススメの老舗レストランは、水曜日がハバーダの日。

145年も続く、老舗中の老舗レストランで、
日本人も通いつめるほど美味しいハバーダがあります。

一皿2、3名くらいなので、数名で行かれることをオススメします。

ブラジル料理は歴史を感じることができる料理!?

牛は、内臓はもちろんのこと、尻尾の部分まで食べれます。

この驚きの部位まで食べる理由は、ブラジルの歴史に関係がありました。

ブラジルの歴史、すなわち、ブラジルの奴隷制度時代、
黒人奴隷が食べられることが出来た部位は限られていました。

奴隷時代に黒人たちが作った料理は、今ではブラジル食として定着しました。
例えば、豚の耳などと豆を煮込んだ「フェジョアーダ」も、奴隷たちが作った料理です。

つまり、ブラジル料理は、ブラジルの歴史を感じることが出来る食事なんです。

タイトルとURLをコピーしました