ブラジル生活

【経験談】心が折れたくない方へ。ポジティブシンキングな考え方を伝授します!

alt=”心が折れた”ブラジル生活

こんにちは、ブラジル転勤族です。

突然ですが、人生は成功しかしていないという方いませんか?
希望の学校に進学できて、人生ってバラ色っていう方。

その方は、ご本人の努力もあったし、運が良かったかと思います。

でも、人生って全部が思い通りにならないことありますよね?
うまくいかないこと、もちろんあります!

今回は、心が折れかけた時の対処法について紹介します!

本記事は、語学試験で失敗した経験談を元に書いています。

ネガティブに考えても仕方がない

alt=”心が折れた”

自分の思うようにいかない、計画していたようにならないことはよくあります。

例えば、勉強しても、試験に合格できない、思うような点数がとれないなど、
経験したことないですか?

海外生活を始めて、ポルトガル語を勉強し、
思うようにいかなかったことは山のようにあります。

ポルトガル語を勉強し始めた時は、悔しい思いを沢山しました。
日本語でなら言い返せるのに言葉が出てこない…。

ネガティブに考えても、何も始まりません。逆に、現状を認識することが大切かと思います。

ここで、語学試験で失敗したエピソードを紹介しましょう。

現状を受け止めることで、次の手を考えることができる

alt=”心が折れた”

ポルトガル語の試験の一つであるCelpe-brasを初めて受けた時、
認定には届きませんでしたが、思った以上に高得点でした。

本当に期待も自信もなかったので、試験内容があまり公表されていないので、
腕試し的に受けたので、事実を淡々と受けるのみでした。

話はそれますが、ブラジルで働きたい場合、ポルトガル語試験が免除になるので、
オススメの試験です。Celpe-brasについては、過去記事をご覧ください。

次は、証明書がもらえると思っていた時、ブラジルの洗礼を受けました。

口頭試問では、事前に答え方を暗記したのです。
暗記は、ブラジルではよく見られておらず、カンニングと見なされます。

二度目の試験は失敗し、すごく落ち込みました。

でも、この失敗のおかげで、日本のような試験対策では通用しないことを知りました。

その結果、日本ではわりと試験は受けてきましたが、
ブラジルでは通用しないこと、試験には慣れるためにも場数が必要だと考えました。

ラッキー!最悪の自体を避けれた!


ブラジルの試験は長時間が多いのですが、
試験は記述式の筆記試験と口頭試問がセットになっています。

もしCelpe-Brasで失敗せず、なんとなく上手くくぐり抜けていたら、
もっと大きな試験で失敗していたかもしれません。

今、失敗できて幸運だった!最悪の自体を避けれたのではないかと、
スーパーポジティブに考えることにしました。

失敗で学ぶところがあるので、「良い機会をもらえた」と考えることで、
次回への試験に対してのやる気が湧いてきます。

この失敗があり、新たな選択肢も増え、
結果的に、ブラジルで勉強する機会にも恵まれました。

くよくよしても意味がない!プラス思考で考える

語学面で心が折れかけたエピソードを中心に紹介しました。

「あの時、ああしていれば点数が上がったのか?」と考えがち。

でも、厳しいことを言うようですが、結果は結果。
考えても、たられば論なので仕方ありません。

逆に、その反省を生かして、次にどう生かすかが重要なわけです。

仮に生涯で一回しか受けれない試験があったとしたら、
事前準備を入念にする必要があるかと思いますが、

だいたいの試験では、次回も行われるので、くよくよしている時間が勿体ないです。

「失敗を学べた!良い勉強になった」と思い、
次回の対策をしていく方が精神的にもオススメ!

いかがでしたでしょうか?

今回は、心が折れかけた時の対処法!ポジティブシンキングな考え方を紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました