ブラジル生活料理日本食

【作り方】海外で日本食を作れる幸せ!自家製辛子明太子を作っていく!

alt=”辛子明太子”ブラジル生活

海外で辛子明太子が食べたい・・・。
でも、自分で作ることが出来るのかなぁ。

こういった疑問に答えます。

海外で食べたくなる日本食。売ってないなら作るしか無い!

今回は、辛子明太子の作り方について紹介します。

日本ではスーパーなどで簡単に買えますが、ブラジルではそうもいきません。

ブラジルでも作れないかと思い、タラの子を探してみました。
サンパウロの市営市場では見つけることができました!

時間はかかりますが、思った以上に簡単!ぜひ作ってみてください。

サンパウロの市営市場、なんでも売ってるんじゃない!?説

ちょっと行きにくい場所ですが、冷凍生タラのコを見つけたのは、こちらのお店!

O PESCADOS PAOLA

おせち用にイクラを探していたのですが、たまたま見つけました。
タラの子とイクラは冷凍で売られています。

日系スーパーの冷凍コーナーではウナギなども売られているので、
ブラジルにお住いの方は冷凍コーナーもチェックしてみてください。

それでは、早速作っていきたいと思います。

今回、参考にしたレシピ!ブラジルでも手に入る材料だったので、参考にしました。

日本では、スーパーで簡単に買えますが、辛子明太子を作るには、てまひまがかかっています。

完成するまでに、合計約二週間くらいはかかりますが、
ほぼ冷蔵庫に置きっぱなしというか寝かせっぱなしなので、意外に簡単

自家製辛子明太子を作ろう!下準備編

まず、冷凍たらこを解凍させていきます。

サンパウロで買う場合、冷凍されているので、
アニサキスの心配がほぼないですが、生のたらこを使う場合は、ご注意ください。

用意するもの(下準備)
  • 生たらこ 1kg 
  • 塩    60g
  • 酒 200cc
作り方

解凍したタラコに塩を振り、冷蔵庫で2時間寝かせます。

酒200cc(酒は、ブラジル産を使いました。)を沸かして、塩100gを溶かし、冷まします。

alt=”辛子明太子”

2時間後、冷蔵庫で寝かせたタラコを取り出し、水洗いしていきます。

このとき、たらこについた血管のような黒い筋やゴミを、身を崩さないように取ってください。

タラコを先ほど作った酒と塩の液体に、24時間冷蔵庫で漬けます。

翌日取り出したら、下準備完了!

辛子明太子を作っていく!

用意するもの

酒 60cc +500 cc

昆布 20cm

鰹節 20g

砂糖 大さじ3.5杯(日本のレシピを参考にする場合、砂糖の量を半分にしています)

唐辛子 七味唐辛子2本(日本製)

作り方

タラコ一つずつ、酒60ccにひたして形成していきます。

脱水するので、網や水切り出来るものに並べて、24時間冷蔵庫で水切りします。

ブラジルのダイソーで水切り用のタッパーが売っているので、

今回はそれを使用しました。

alt=”辛子明太子”
写真は、脱水後です。

量的に入りきらないので、他にも水切り用に用意しました。

酒500ccを煮切り、昆布20cmと鰹節20gで出汁をとり、砂糖大さじ3.5杯と唐辛子(2種類)を混ぜます。

サンパウロには韓国系スーパーで唐辛子が買えるのですが、失念しました。
贅沢ですが、日系スーパーでこれを買ってきました!

前回は、唐辛子で作ったのですが、唐辛子の方が辛味は増します。

alt=”辛子明太子”

すでに2種類が入っており、二本入れました。

その後冷蔵庫で約10日寝かしたら、完成です!

alt=”辛子明太子”
写真が悪くて、申し訳ないです。また作ったら、写真変更します。とりあえず、出来たのはこんな感じ!

辛子明太子があれば、明太子パスタ、ご飯のおともにもなります。

ブラジルで手に入る材料で作れるので、ぜひ作ってみてください。

簡単レシピ、塩鮭の作り方も紹介!

タイトルとURLをコピーしました