ブラジルの生活

【生活】超簡単!確実に伝わる!ブラジルで日本名を伝えるコツ

alt=”ブラジルの名前”ブラジルの生活

海外で生活すると、名前がなかなか伝わりにくいことありませんか?

今回は、ブラジルで名前の伝え方について説明します。

日本人の名前は、ブラジル人にとっては難しいようです。

特に「R」がつく名前は発音が激ムズで、
勝手にニックネームをつけられてしまいます。

この記事は、ブラジル在住者向けに書いていますが、
海外生活されている方の役に立てれば幸いです。

相手に覚えてもらうために、名前の伝え方

日本人の名前を伝えるのは大変です。

とはいえ、ニックーネームも使いたくない!

在住1年目で実践していた名前の伝え方のコツがあります!

例えば、スターバックスでは名前を伝えるのですが、

はじめのうちは、名前が正確に伝わりません。

そんな時にどうするか?

例えば、「AYA」という名前だとすると、「A, Y, A」と答えます。

ポルトガル語読みのアルファベットで伝えることで、わりと正しい表記で出てくる確率が高いです。

アルファベットの読み方に自信がないという方には、こちらがおすすめです!
最初に使っていたポルトガル語の教材は、こちら!

超簡単!在住1年目で実際にしていたこと

病院など身分証明書を出すところでも、
「このカード見て!」で終わらせることもできますが、

出来れば、名前くらいは伝えたい。

在住1年目は、ポルトガル語が全く話せませんでした。

そのため、ポルトガル語を話したくなかったのですが、

あるところに行くことによって、語学が上達する喜びを知りました。

それは、スターバックスに行くこと!

どのコーヒーショップでも良いのですが、
重要なことは、飲み物に名前が書かれるのですが、ちゃんと通じるかどうか。

日本名はなかなか難しいので、聞く側によっては全然伝わりません。

一文字ごとに伝えることによって、何回目かの注文で伝わりやすくなります。

名前が正確に書かれていた時は、言い表すことのできない喜びと嬉しさがこみ上げてきます。

たかが名前かと思う方もいるかもしれませんが、

語学の最初の方や自信がない方にはオススメの方法です。

おかげで、名前で使うアルファベットは、
他のアルファベットの読み方に比べると、発音がよくなります。

ポルトガル語に自信がない方や初心者の方には、わりとオススメです。

サンパウロやリオには、スターバックスがあるので(名前を伝えるお店なら、どこでも良いです)、
実践してみてはいかがでしょうか?

最初は通じなくても、だんだん伝わるようになる喜びがあるので、

語学の自信にも繋がります。

ニックネームをあらかじめ決める

名前が難しい方は、ニックネームを決めてしまうのも一つの手です!

JICAでは研修中に決めるようで、わりとオススメの方法です。

初めて会った時に、現地のニックネームだったら、
親近感もあるし、覚えられやすいです。

ブラジル人のニックーネームのつけ方は、自分の名前の頭文字など様々です。

例えば、「Pablo」なら「Pa」とか呼ぶ方もいますが、
自分で決める場合は「呼びやすさ」重視のあだ名を考えてみてはいかがでしょうか?

ブラジルでは本名よりも、ニックネームで呼ばれることが多いです。

ニックネームについては、過去記事をご覧ください。

まとめ

ブラジルや海外では、日本人の名前は難しいです。

では、どのようにしたら伝わりやすいのでしょうか?

実践しているのは、名前を表記通りに発音するのではなく、

アルファベット読みで一文字ごとに伝える方法です。

ポルトガル語に自信がない方でもすぐに実践できるだけでなく、

伝えた通りに書かれた時は、言い表せない喜びがあります。

いかがでしたしょうか?

今回は、ブラジルで名前を伝えるコツに紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました