本の紹介

【読書】日本語の授業で悩む方へ。一番楽に解決する方法を紹介します

alt=”日本語教師”本の紹介

海外で日本語を教えることになった!
でも、日本語を教えた経験は無いから不安!どうやって教えたらいいの?

こういった疑問に答えます。今回は、日本語教師を始める前に読むべきオススメの1冊を紹介します。

海外生活を始めると、日本語や日本文化を教える機会が多々あります。
でも、何から始めて良いか分からない、自己流で教えても良いのか!?

さまざまな疑問があるかと思います。紹介する本は、そんな疑問に答えてくれます!

日本語教師を対象に書かれていますが、日本語を教えるだけでなく、
日本語を客観的に考えられるので、どなたにもオススメの一冊です!

オススメの1冊『もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら』

今回紹介する本は、『もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら』です!


この本は、3人の新人日本語教師の初回授業を元に構成されています。

最大の特徴は、なんといってもダントツでわかりやすいです!
日本語の難しさ、教授法などが書かれており、日本語教師になる方にはオススメの一冊です。

オンラインで日本語を教えていますが、場数だと思い、ほぼ自己流で教えていました。

先輩の日本語教師の方に話を聞いたり、アドバイスをいただきましたが、
この本は学ぶことが沢山あります。

日本語教師は試行錯誤の繰り返し

日本語に限らず、「何かを教える」ということは、常に試行錯誤の繰り返しです。

もっと良い教え方があったのではないか、と自問自答を繰り返し、ブラッシュアップしていきます。

この本を読むことにより、授業前の準備、授業の流れなど、学ぶべきことが沢山ありました。

例えば、経験が浅いと、どうしても自分で立てたスケジュール通りに進行してしまいますが、
生徒の理解度によって、授業の進行を調整する点など、自分も経験が浅いので、
今後の授業に活かせられる点が多々ありました。

日本語教師だけではなく、日本語を客観的に知れる本

日本語教師を対象に書かれていますが、客観的な日本語が知れるので、
日本語を知るうえでもオススメの一冊です。

日本語教師だけでなく、日本語教育の世界にも興味をもつきっかけになれば、幸いです。

参考

今回紹介した本は、こちら。

もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら〈デジタル版〉 (クロスカルチャーライブラリー)

デジタル版で読書をしていますが、いつでも読めるだけでなく、本代も経済的になるかも。
日本語の本が読みたい方へ。一瞬で解決する方法を教えます。

タイトルとURLをコピーしました