ブラジル生活 文化

【生活】ブラジルのMiojoとは一体?ユニークすぎる味とアレンジ

ブラジル生活

スーパーのコーナーにある、インスタントラーメンの売り場。

日本でもお馴染みのインスタントラーメンですが、
お国柄なのか、日本よりも色とりどりのラーメンたち。

今回は、ブラジルのカップラーメン事情についてご紹介します。

ブラジルでMiojoと呼ばれているものとは一体!?

ブラジルの「ミョージョー(Miojo)」とは一体!?

今年一月、突然、我が家に泊まりに来た友人に、

日本のインスタントラーメンを出した時に、

「このミョージョー(Miojo),とっても美味しかった。」

と言われました。私が出したのは、日本のインスタントラーメンではあるけど、

チャルメララーメンではないので、「?」と思っていました。

ブラジルでは、

インタスントラーメンのことを「ミョージョー(miojo)」と呼ぶそうです。

チャルメラシリーズから来ているのかと思えば、関係はなさそう。

ブラジルで「ミョージョー(miojo)」と呼ばれる由来は、

1965年、ブラジルで「ミョージョー(miojo)」というブランドで、

台湾人がインスタントラーメンを販売しました。

当時から、日本の明星ラーメンは有名だったことから、

ブラジルで商品登録したそうです。

その当時は簡単に登録できたそうで、そのままブランド化となり、

インスタントラーメンを指す言葉として、「ミョージョー(miojo)」が、

今日のブラジルに浸透しています。

alt=”海外の味とアレンジ”
ラーメンだと分かってもらうために、「Miojo」の文字。

色とりどりのカップラーメンたち、味も作り方もユニーク

ブラジルでは、日清のカープヌードルが10種類展開されています。

今回は、その中でも7種類紹介します。

定番の海鮮、肉、カレー、若鶏味のスパイシー、照り焼き、野菜、シュハスコソースのリブ肉、

ボロネーザ、チェダーチーズなどがあります。

特に、ビックリするのは、ヤキソバ味。

alt=”海外の味とアレンジ”

ラーメンなのに、焼きそば!?
スープ入りの焼きそば、想像しただけでも遠慮したいところ・・・。

電子レンジを使う!? ユニークな作り方

カップラーメンにお湯を入れて作るのは、日本でも同じです。

ブラジルNISSHINでは、別の作り方も紹介されています。

なんと、電子レンジでも作れるんです。

カップヌードルに水を入れ、電子レンジで2分、1分待てば出来上がり!

袋麺のラーメンまで!? 電子レンジで作れます

ラーメンを450mlの水に入れ、電子レンジで5分、

中断してかき混ぜ、スープの素を入れたら出来上がり!

ただお湯を入れるだけでは、勿体無い!?ラーメンを使った公式レシピ

ブラジルNISSHINでは、ユニークなアレンジレシピも公開しています。

例えば、ブラジルのコロッケ「ボリンニョ(BOLINHO)」やイタリア料理「ラザニア」と言ったものまで・・・。

ボリンニョラーメンの作り方

ボリンニョとは、ブラジルのコロッケ。

alt=”海外の味とアレンジ”
ボリンニョラーメン

ボリンニョの具材をラーメンにしたもの。

結構ラーメンの味が濃いので、合うとは思うのですが、

手間を考えると、普通にボリンニョを作ったほうがいいと思う。

ラザニアラーメン

alt=”海外の味とアレンジ”
ラザニアラーメン

ラザニアの生地をラーメンにしたもの。

私的には、普通にラーメンを食べたいところ・・・。

実食 カップラーメン食べてみた!

インタスントラーメン チキン味(Nisshi Lámen) 

チキン味かと思いきや、現地の人が好むように、結構濃い味です。

飲んだ後の〆の一杯とはならないほど、濃い味。

海鮮(FRUTOS DO MAR)

日本でお馴染み「SEA FOOD」。

alt=”海外の味とアレンジ”

日本の味という表記が!これは期待出来る!

フタを開けてみると、フタの素材が日本と異なるようで折りがつけられません。

電子レンジ対応しているので、シールもありません。

3分後完成。

シーフードを食べたのは、久しぶりだったのですが、
シーフードベースのスープは、懐かしく、
ほのかにホタテの香りがして安定の美味しさ。

各国により、販売している味が異なるので、日本のお土産としていかがでしょうか?

まとめ

日本でお馴染みのカップラーメン。

ブラジルでは、「ミョージョー(miojo)」と呼ばれるほど、

ブラジル国民から愛されているインスタントラーメン。

ブラジルのインスタントラーメンを

当時有名だった日本の「明星」から名前を取り、

勝手に商品登録して、ブラジルに浸透しました。

おそるべしブラジル国民。

ブラジルでは、10種類のカップヌードルが展開しており、

その中でも特にユニークなのが、焼きそば。

私は、日本でお馴染みのラーメンを2食実食しましたが、
チキン味は味付けが現地になっていたり、シーフードは懐かしいままの味でした。

そして、インスタントラーメンのつくり方もユニーク。
まさかの電子レンジでも作れてしまうんです。

他にも、別の料理に変身するユニークすぎるラーメンレシピまで!

ブラジルのインスタントラーメン、ぜひ一回お試しください。

タイトルとURLをコピーしました