ブラジル生活ライフハック

【対策】自分で切り開くしか無い!?海外生活でうつにならない3つの方法

alt=”うつ”ブラジル生活

海外生活が決まった。
初めての海外生活で、やっていけるか心配…。

こういった疑問に答えます。

海外生活は、孤独やストレスとの戦いでもあり、うつになる人が少なくありません。
言語も異なるので、常にストレスはあります。ストレス発散は永遠の課題。

今回は、うつにならない3つの方法を紹介します。

言語が異なるので、正直言えば大変なこともあります。

面白い面でもあり、大変な面でもありますが、
結論から言えば、自分で道を開いていった方が生きやすいです。

ブラジルで専業主婦はよく思われておらず、金食い虫的なイメージがあるので、
自分で仕事を探した方が精神的にも楽になるし、周りの目も変わります。

海外で生活者、あるいは生活予定者の参考になれば幸いです。

収入源があった方が圧倒的に精神的に楽になる

駐在員のご家族は厳しいかもしれませんが、国際結婚組にはオススメ。
外国に来たから、外国で働かないといけないわけではありません。
日本で、オンラインなどで働いても良いんです。

海外生活でおすすめの仕事

・日本語教師
・ブログなどで生計を立てる

日本語教師なら、日本語を教えることで、日本に繋がるという意味では、やりがいがある仕事です。
人によっては、時給は異なりますが、日本の家庭教師並の時給を稼ぐことも出来ます。

ブログは、いきなり収入につながることは難しいのですが、
うまく軌道に乗せれば、数年後に資産になるので、オススメ。
ブログを書くことで、誰かの問題解決の役に立っているかもしれません。

例えば、ブログ、インスタなどのSNSでは海外の情報を発信できるので、
今後自分の経験が誰かの役に立つ日がくるかもしれない…。
あるいは、日本語や日本の文化を伝えることをしてみてもいいかもしれません。

サバイバル言語でも良い!言語を勉強しよう!

海外生活を始めると、言語ができないのは当然ですし、当たり前です。
ただ、そこから勉強するかどうかは自分自身の問題です。

海外には、日本では出会えなかったタイプの友人と出会うことも出来ます。

ブラジルの場合、女性が育児(あるいは学業)と両立しながら働いている社会なので、
ブラジル人の友人と話していると、とても参考になることが沢山あります。

日本語では通じない友達と出会えるのが、海外の良さでは無いでしょうか?

そのためには、サバイバル言語でも良いので、
話せるようになった方が断然面白いです。

逆に言うと、現地語が話せないと、人間関係も広がらず、
周りに日本人がいないと、辛い試練になることもあります。

ネイティブ並みのレベルを目指すのではなく、
初めはサバイバル言語のレベルからスタートしてみてはいかがでしょうか?

オンラインでも可!やりたいことを見つけて!

言語が話せないと、行動範囲が狭くなります。

同じお店に通うのも良いですが、行動範囲を広げることで、
カフェ散策など自分で動ける範囲が広がると楽しくなります。

例えば、日本でも家と会社の往復をしていると、ちょっとしんどくなる時ありませんか?
時には、ちょっと違うことをしたくありませんか?

行動範囲を広げることで、ウィンドウショッピングやカフェ散策などで
一人の時間を楽しむことができます。

趣味を見つけ、習い事をするのも一つの案です。

例えば、料理教室に行き、ブラジル料理を習得するのもオススメ!

さまざまな施設がありますが、オススメはSENACです。
ブラジル全州に展開しており、国立商業商業訓練機関です。

現在、ほとんどの教室ではオンラインなので、
この機会に何かをはじめてみてはいかがでしょうか?

やりがいを見つけた方が圧倒的に楽!

行動範囲を広げた方が良いと書きましたが、
住んでいる国で出来る「やりがい」を見つけた方が圧倒的に楽です。

海外生活はストレスとの戦いなので、うつ予備軍にならない為にも、
適度にストレス解消することをオススメします!

思った以上に、周りでストレスを抱えている方が多いので、
これから海外生活をされる方の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました