ブラジル生活ベレンの生活

【食事】しびれ草を使った魅惑の料理!?舌がしびれる不思議なスープやお酒

alt=”しびれ草食材”ブラジル生活

しびれる感覚の食材があるって本当?
ベレンでしか味わえない食べ物が食べたい。

こんな疑問に答えます。

甘い、塩辛い、酸っぱいなど、味覚に色んな味があるかと思いますが、
「ピリっ」と痺れるような、麻痺するような味覚を経験したことはありますか?

今回は、ベレンでしか味わえないしびれ草について紹介します。

北部パラ州には、痺れるような感覚の食材を使った郷土料理があります。

この食材の名前は、感覚の名の通りしびれ草
ポルトガル語でJambuと呼ばれるキク科の植物です。

学名では、Acmella oleracea

痺れる感覚!? ジャンブーとは!?

しびれ草(以下 ジャンブー)は、一口噛むとピリピリっと痺れる感覚があります。

alt=”上皇の食事”
Jambu

ジャンブーには、食欲増進の効果麻酔効果があります。

昔、歯痛治療の麻酔薬としても用いられていました。

初めて食べると舌が痺れるので、危険な感じもしますが、
昔は歯痛治療の麻酔薬としても用いられていました。

北部では、昔から愛用されている食材なんです。
ベレンの日系人は、おひたし等の料理にも使います。

ジャンブーの舌が痺れるマヒ度は、新鮮なジャンブーを使っているほど、
舌が麻痺する感覚になります。
鮮度が落ちると、あまり麻痺する感覚にはなりません。

痺れる感覚を味わいたい!?舌が痺れるお酒

パラ州の首都ベレンには、この痺れる感覚を体験出来る料理やお酒が沢山あります。

その中でも、一番痺れる感覚を味わえるのは、ジャンブーで作った焼酎!!

このお酒、飲むとビリビリと舌が痺れ、何とも言えない感覚を味わうことが出来ます。

何度飲んでも、この感覚が堪らなく、クセになります。

元祖ジャンブー焼酎のお店 Cachaca meu garoto

ベレンで食べないと! 魅惑のスープ

日本人にとって、お味噌汁のような感覚で飲めるスープなのですが、
ベレンの地元の人々は、食前に飲みます。

痺れる感覚を味わえる郷土スープの名は、タカカ(Tacacá)

alt=”しびれ草食材”

この何とも言えない毒々しい色。すごい色ですよね…。
黄色の正体は、トゥクピーというマンジョッカ(芋)から作られています。

マンジョッカは、シアン化合物という毒を含んでいるので、
生では食べることが出来ません。

スーパーでは、生で販売されていますが、必ず毒抜きが必要です。

スープの場合、3~5日間かけて煮込むことにより、毒素を取り除いていきます。

だから、食べるときはご安心ください!毒素の心配はありません!

タカカは、ジャンブー、マンジョッカのしぼり汁の酸っぱさが合わさって、
酸っぱくもあり、しびれる感覚にもなるという不思議なスープ。

スープの酸味の中に、ジャンブーと干しエビが入っているので、
舌が痺れる感覚と干しエビから出る塩分が、スープによく合う!
スープの虜になる程、飲めば飲むほど、クセになります。

Tacacá da Vileta
Av. Duque de Caxias (Tv. Vileta)
Belém, PA
営業時間 16:00〜23:00

タカカは、屋台で始まった料理なので、今だに屋台で販売されています。
おススメのタカカも、食堂といえるのか、本当にシンプルな作りです。
地元の方しか通わない、知る人ぞ知るタカカ。

でも、外観から想像できないほど、
ここで食べるタカカ、マニソバなどは美味しいので、食べてみてください。

ほかにも、ベレンには魅惑の料理が沢山ありますよ!

ぜひ、ベレンにも観光しにきてくださいねー!

タイトルとURLをコピーしました