リオデジャネイロの生活

【食事】ブラジル料理のガレット!?超簡単!リオの郷土料理、鳥料理のレシピ

リオデジャネイロの生活
完成したガレット

ガレットと言うと、フランスのガレットを想像する方もいらっしゃるかと思いますが、

この「ガレット」は、ソバ粉を使わない料理なんです。

今回は、リオデジャネイロの郷土料理ガレットを紹介します。

ブラジル料理のガレット!?リオが誇る郷土料理、ガレットの正体とは!?

ガレットとは、生後28日から30日にも満たない、800g未満の若鶏を炭火で焼いた料理です。

もともとブラジル南部に移住してきたイタリア人が、お祝いなどのパーティーの時に野生の鳥を狩り、

焼いていたのが始まりと言われています。

その後、狩猟が禁止され、安価で簡単に食べられることから、若鶏が食べられるようになりました。

ブラジルの専門誌(Veja rio)では、ガレットをリオの郷土料理として紹介しているほど、南部で始まったガレットは、いつしかリオで大繁盛しました。

その結果、お店ごとに常連客のカリオッカ(リオ州の人々)がいて、カリオッカ達のソウルフードになりました。

リオの人々が愛するガレットを家で再現してみました!!

超簡単!!ガレットを家で作ってみました!!

用意するものは、こちら!

ガレット一匹

alt=”ブラジル料理”
ガレット(galeto)

ニンニク 6粒

玉ねぎ 一個

調味料 オリーブオイル 大さじ4杯

    塩  少々

    胡椒 少々

    しょうゆ 大さじ2杯

    酢(出来れば リンゴ酢) 大さじ6杯

ガレットを漬けるソース

ニンニク、玉ねぎをみじん切りし、
調味料の酢、しょうゆ、オリーブオイルを混ぜ合わせます。

ガレットを塩と胡椒を少量でガレット全体を揉み込みます。

ガレットの味付け完了

その後、ガレットに先ほどのソースをつけ、全体にしっかり馴染ませ、一晩冷蔵庫に置きます。

一晩置きます

冷蔵庫で、一晩寝かせ、オーブンで焼き上げたら出来上がり!

ガレット、あとは焼くだけ

残念ながら、ガスを切らしてしまい、ノンフライヤーで焼き上げました。

ノンフライヤーを200度で余熱し、片方15分、裏返した時に残りのタレを再度漬け、残りも15分焼き上げたら出来上がり!

完成したガレットは、こちらー!

alt=”ブラジルの料理”
完成したガレット

(ちょっと小話)

 醤油を使うことにより、若鶏にちょうど良い焼き色と香りがつきます。お酢は、隠し味に使いますが、普通のお酢よりも、リンゴ酢の方がより美味しくなります。しっかり揉みこむことにより、全体に味がしみ込みます。

ガレットを食べるなら、ここ!リオで一度は行きたいレストラン

リオには、たくさんのガレット専門店があります。

私も色々食べ歩きましたが、リオに行くと必ず食べに行くお店があります。

1960年代からオープンしている老舗中の老舗!

私がオススメのレストランは、こちら!

O Galeto Central

Galeto Central - 2262 7098 / 2215 5671

Av. Rio Branco, 156 – Centro, Rio de Janeiro 

一晩ソースに漬けてあるので、チキンの中にも味が染み込んでいて、
さらに、炭火で焼いているので、皮はパリパリ、中は身がふっくらとジューシーです。

リオ流の食べ方は、ガレット、ブロッコリーのご飯、ポテトの付け合わせ!

ガレットも美味しいのですが、一緒に食べたいのは、ブロッコリーのご飯。

ブロッコリーをすり潰している、ブロッコリーのご飯なんです。

alt=”ブラジル料理”
ガレットの付け合わせ

ガーリックが効いているので、より食欲をかきたてます。

まとめ

リオの郷土料理といえば、ガレット!

もともと南部に移民したイタリア人が、お祝い事などのパーティーで、狩猟した野生の鳥を食べていたのが始まりとされています。

いつしか、リオでガレットのお店が大繁盛し、リオの人々にとって無くてはならないソウルフードとして定着しました。おそるべし、カリオッカ!

一晩つけられ、炭火で焼かれていた若鶏は、中まで味がしみ込んでいますが、

皮はパリパリ、中はふっくらジューシーです。

一緒に食べたい付け合わせは、ブロッコリーのご飯とポテト。

ブロッコリーのご飯は、ガーリックが効いているので、食欲をかきたてます。

今回は、自宅でガレットを作ってみました。材料を切って、揉み込み、一晩おくだけ!さらに、ノンフライヤーを使えば、超簡単!

若鶏が手に入らなければ、チキンでも作れます。

リオデジャネイロに行った気分で作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました