ブラジルの生活

【生活】イライラは無意味!?海外生活でストレスを減らして生きて行くコツ

alt=”イライラ”ブラジルの生活

海外生活では、日本と異なるので、イライラすることが多いです。

今回は、海外生活ではイライラは無意味!?ストレスを減らして生きて行くコツ
について紹介します。

日本と外国では、物の考え方や様々なことが異なるので、
「ん?」という疑問や違和感を感じることは多々あります。

特に、ブラジルでは正反対なので、1年目は怒ることは多かったのですが、
怒っても仕方ないと思うようになりました。

ブラジルでイライラは無意味!怒っても、全然意味が無い説

ブラジルは、日本と異なるので、1年目はイライラすることが多かったです。

しかし、怒ったところで、スタッフのサービスが良くなるわけでもなく、
何も改善されないので、怒ることを止めました。

海外生活では、怒ることよりも相手に理解してもらったほうが、
サービスはよくなります。

例えば、近くの市場では事前注文制なのですが、注文した量が入っていません。

予約する段階で、ある程度の料理を決めて、量を注文するので、
量が異なると、考え直さなければなりません。

確認すると、スタッフのミスだったのですが、市場には頼んだ量はありません。

スタッフが申し訳なさそうにサービスをしてくれたのですが、
怒ったところで意味が無いので、「次、ちゃんとしてね」と伝えて、帰りました。

今回の例は小さなことですが、このレベルは日常茶飯事です。
故意では無いので、「人間、ミスするよね」という感じで、何も思いません。

ブラジルでイライラしても意味がなく、自分がしんどくなるだけなので、
何をするにも、相手に期待することを止めました。

ブラジルでは、期待せずに生活すること

ストレスを少なく生活するためには、相手に期待しないことが一番かと思います。

イライラすることは、少なからずとも相手に期待をしているので、
期待しないことで、ストレスも少なくなります。

この程度ならやってくれるかなって思う行動も、
期待していたレベルの「この程度」にならないことが多いので、
相手に対しては期待しないほうがいいでしょう。

もし、お店などで期待以上のサービスを受けたなら、
チップを渡すか、言葉で伝えるかなどをオススメします。

チップについては、過去記事をご覧ください。

怒らないことで、メリットもある!?

ブラジル生活では怒らないことで生じる、メリットがあります。

例えば、ブラジル人は親切な方が多いので、いろんなことを教えてくれます。

一番強いのは、情報を教えてくれること

ブラジルでは、書いてない情報が存在するので、ブラジル人と仲良くなることで、
いろんな情報を教えてくれます。

この情報が、有益情報なことが多いんです!

例えば、治安情報だったり、市場情報だったりと、
生活情報で役立つことを教えてくれます。

海外で生活していくうえで、情報が多い方が行動しやすいので、
現地の人からの情報は、結構貴重です。

もし怒ることがあったとしても、故意で無い限り、怒ることを我慢して、
一定の距離を保つことをオススメします。

人間関係が悪化しても、何のメリットも無いので、
相手に期待しないことで、イライラする回数も減ります。

イライラする回数が減ることで、ストレスが減り、海外生活が少し楽になります。

まとめ

海外生活では、イライラが多い!?

日本と異なるので、怒る気持ちもわかるのですが、
ブラジルで生活し始めると、イライラしかせず、結果的に自分に不利だとわかり、
あることを始めました。

何をしたかと言うと、相手に期待することを止めました。

ブラジルでイライラしたところで、サービスの質が向上することもなく、
ただ関係が悪化するだけなので、意味がありません。

期待することを止めたので、イライラすることも少なくなり、

ストレスが減りました。

いかがでしたでしょうか?

今回は、海外生活ではイライラは無意味!?ストレスを減らして生きて行くコツについて
紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました