ブラジル生活ベレンの生活

【都市】まるで異国!?ブラジルの印象変わる、郷土料理の宝庫の町ベレン

alt=”ブラジルベレン”ブラジル生活

ブラジルに旅行したい!
ベレンってどんな町?

こういった疑問に答えます。今回は、ブラジル北部ベレンについて紹介します。

ブラジルのイメージといえば、サンパウロやリオデジャネイロなどが有名です。

ベレンの生活は、サンパウロやリオとは全く異なり、驚きの発見ばかり。

それもそのはず、ブラジルは日本の約22.5倍。

今回は、食文化、州民性、方言まで、ベレンの魅力を紹介します。

別のブラジル!?パラ州の歴史 ベレンで行った方が良い場所

パラ州は、ブラジルの北部に位置しており、サンパウロから飛行機で約4時間ほどです。
サンパウロからベレンに向かう時、アマゾン川が見えます。

alt=”ブラジルベレン”
アマゾン川

ベレンで訪れたい場所は、ベレンの天下の台所「Ver o peso」。

alt=”ブラジルベレン”
パラ州民の台所
alt=”ブラジルベレン”
ブラジリアンナッツ

庶民の台所の役割を担っており、
アマゾンフルーツ、ナッツだけでなく、珍しい魚などを見ることもできます。

ベレンの方言

日本語にも方言があるように、ポルトガル語にも方言があります。

例えば、蚊を、サンパウロでは「pernilongo」、リオでは「mosquito」、ベレンでは「carapanã」と呼びます。

また、Sの発音は、リオの発音と似ており、「シュ」と発音します。

日本で県民性があるように、ブラジルにも州民性があります。
個人の性格にもよるかとは思うのですが、ベレンの州民性は、なんといっても親切!

とはいえ、良いことばかりではありません。

サービスのレベルは、とにかく悪いです。

特に、スーパーのレジは、お客が待っていようが、同僚との会話が最優先。
サンパウロなどの他の州にもいきましたが、最下位レベルでサービスの質は悪い印象です。

 食べないと損!?ベレンは郷土料理の宝庫!?

ベレンは、シュハスカリヤはありますが、ブラジル料理のレストランは殆ど見かけません。

ベレンの一番の魅力、なんといっても郷土料理の種類がとにかく豊富。

例えば、tacacáPato no tucupiManiçobaAçaiなど沢山あります。

Tacacá

ベレンの人は、食前のスープ「タカカ(tacacá)」を飲みます。

alt=”ブラジルベレン”
パラ州の郷土料理

マンジョッカの絞り汁を発酵させて作られたスープに、
干しエビとマンジョッカのゴマが入っており、しびれ草がピリッと効いて、すごく美味しいです。

Pato no tucupi。

我が家は、アヒル(Pato)ではなく、鶏肉(Frango)で作るので、
Frango no Tucupiというスープ料理になります。

alt=”ブラジルベレン”
Pato no tucupi

Tucupiと呼ばれるマンジョッカの絞り汁を発酵させ、酸味が効いていて美味しいです。

ごはんと一緒に食べるとさらに美味しいです。

Açai

スーパーフードであるAçaiのベレンの食べ方は、
アサイーボウルやアイスなどのデザートとは全く異なった食べ方をします。

alt=”ブラジルベレン”


加工しない限りアサイーは甘くないので、魚のフライと一緒に食べます。

もちろん、アサイーのアイスクリームは濃厚で、美味。

Maniçoba(マニソバ)

マンジョッカの葉を7日間も煮込んだ料理、Maniçoba(マニソバ)。

alt=”ブラジルベレン”


もともと先住民の料理で、この料理が完成するまでに6人の先住民が亡くなったという説があります。
この料理は、ベレンでお祝い事の時に食べられ、
特に、10月に行われるカトリック三大祭りの一つ「CÍRIO DE NAZARÉ」の時などに食べます。

このお祭り、「ベレンの人にとってのお正月」のようなもので、
他州に住んでいても、年に一回必ず「CÍRIO DE NAZARÉ」に帰省するようです。

ベレンで注意すべきこと

年間気温は25度から34度と日本の夏のような気温なのですが、
湿度が80パーセントから90パーセントととにかく高いです。

観光される時は、脱水症状、熱中症に注意し、水分補給をこまめに行ってください。

タイトルとURLをコピーしました