ブラジル生活ベレンの生活

【天気】ブラジルの気候は、州によって異なるのを知っていますか?

alt=”ブラジルの気候”ブラジル生活

ブラジルと一言で言っても、場所によって、文化、天気など異なります。

ブラジルの国土は広く、日本の約22.5倍あります。

今回は、ブラジルの気候について紹介します。

全ての州は紹介できないので、パラ州とサンパウロ州の2州に絞りました。

雨季と乾季しかないパラ州と四季があるサンパウロ州、

州が異なるので、対策も異なります。

もし、観光などで来られる際にでも、参考になれば幸いです。

雨が降り始める音が聞こえるベレンの雨季

パラ州には、雨季と乾季のみです。

ベレンでは、雨の音を聞くことができます。静寂な空間で耳をすますと聞こえる、遠くから近づいてくる雨の音。

遠くから「サァー」という音とともに雨が降り始めます。

音は好きなのですが、時に困ったことも起こります。

こんなに雨が降る街、ご存知ですか?

雨が降りすぎると、こうなります!

Forte chuva deixa várias ruas alagadas em Belém

この動画を見ると分かりますが、道が川のようになります。年に一回とはではなく、数回、動画のような状況になります。

車に水が入ると動かなくなるうえに、身動きが出来なくなるので大変です。

今年の雨量は多く、こうなりました。

alt=”ブラジルの気候”

川が氾濫し、市内にまで浸水してきます。

洪水状態になることは、雨季の中で年に数回で、ほとんどは30分程で止みます。

雨季は、12月から5月くらいまで続きます。

雨季の時期は雨量にもよるのですが、普段15分の移動時間が、1時間、2時間もかかるので、この時期の移動は、外に出ないことをオススメします。

雨季の時期は比較的に気温等は過ごしやすく、
ベレン市民は、この時期を「」と呼ぶそうです。

ベレンの地獄が始まる乾季!脱水症状に気をつけて

6月以降になると、乾季が訪れます。
パラ州民にとって、嬉しくもあり、辛い時期になります。

家にいても脱水症状が訪れるので、
観光で来られる際は、こまめに水分補給を行ってください。

この時期の良いこと(今年は、ほとんどのイベントが中止になりました
・屋外のイベントが増える

例えば、日系社会のイベントやパラ州の「お正月」でもあるカトリック祭のシリオ大祭などが行われます。

カトリック大祭の一つ、シリオ大祭については、過去の記事をご覧ください。

とはいえ、良いことばかりではありません。

・乾季で要注意しないといけないこと

・脱水症状気味になり、食欲不振になる

・日中は熱中症になる恐れ

この時期は、夕方から行動開始になります。

熱中症対策を忘れずに、適度に水分補給されることをオススメします。

様々な格好で歩いているサンパウロ州の冬

パラ州は雨季と乾季ですが、サンパウロ州、リオ州、他州にも冬が訪れます。

ここでは、サンパウロ州の気温について紹介したいと思います。

サンパウロ州(特に、サンパウロ市内)では、四季があります。

ただ、サンパウロの冬は、日本の冬と異なり、昼間は夏のように熱く、夕方からは寒くなるので、服装が人によってバラバラです。

サンパウロのパウリスタ通りでは、キャミソール姿の隣に、コートを着込んだ人が歩いていたり、「今、何度?」という不思議な感覚に陥ります。

まとめ

ブラジルの国土は広く、一括りに言っても、場所によって気温は全く異なります。

特にパラ州ベレンでは、雨量により、川が氾濫するので動けなくなります。

一方、乾季の時期は、熱中症や脱水症状になるので、観光に来られる際はお気をつけください。

サンパウロ州の冬は、街を歩いている人の格好が様々なので、不思議な感覚に陥ります。

例えば、コートを着込んだ人、キャミソールの人など、人によっての体感温度が異なるのか、外の温度を知るために歩いている人を参考にしようと思っても、サンパウロ市内では当てになりません。とはいえ、夜は寒くなるので、時期によってはコートか羽織物が必要です。

いかがでしたでしょうか?

今回は、ブラジルの気温について紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました