ブラジル生活

【失敗談】人間ドックに行きたくない方へ。食生活には気をつけよう。

alt=”人間ドック”ブラジル生活

海外生活すると、その国の食事、デザートなどが口に合うと
食べ過ぎてしまうことが多々ありますよね。

郷は郷に従えと思い、食生活を変えるととんでもない事態になります。

今回は、年に一回人間ドックに行く理由ついて紹介します。

数年行っていないという方は、早めに行かれることをオススメします!

本記事は、外出自粛になり、ストレスを食欲にぶつけた実体験を元に記述しています。

健康より大事なものって何ですか?

生活している中で、一番大事なものは何でしょうか?

仕事?勉強?

一番大事なものは、健康であるべきなんです。
健康でなければ、仕事、勉強などなど、生活にも支障が出ます。

ちょっと異変を感じたら、医者に相談するか、病院に行かれることをオススメします。

病院に行くのが怖いという方は、落ち着いてからで良いので、
年一回の人間ドックを受けることを強くオススメします。

その理由は、人間ドックをしてみたら、再検査することになった実体験があるからです。

外出自粛時の食生活には気をつけよ!

海外生活は、ストレスが常にあります。
特に、外出自粛になってから、思った以上に、ストレスになっていた方も多いかと思います。

コロナで外出自粛になり、ストレスを全部食欲にぶつけました。
主に、ブラジルプリンを毎週食べた結果、

血糖値、コレステロール値があがり、再検査をすることになりました。

外出自粛で食べていた物をまとめると、以下のとおり。

・ほぼ毎日、ポテチにはまる。

・お昼ご飯は、だいたいパスタ。(週5日以上)

・毎週、ブラジルプリンを食べる。

後で考えると、何かに取り憑かれていたのでは無いかと思うばかり…。

ブラジルのケーキやデザートは甘いので、
半年に一回しか食べなかったのですが、
毎週のように、ブラジルプリンを食べていました。

他のケーキ類に比べると、甘さ控えめなのですが、日本のプリンに比べると甘いです。

日本食を食べている方は、お米でも糖質を摂っているので、
ブラジルの激甘デザートは注意されることをオススメします。

ケーキを食べるなら、白米を食べないなどの対策をしないと、
血糖値が爆上がりします!!

食生活の見直し

ブラジルでは、牛肉を食べる機会が多いかと思います。
ただ、牛肉は食べ過ぎ注意の食材なんです。

牛肉については、過去記事をご覧ください。

医者から言われたことをまとめると、

・炭水化物は控えなさい。
・牛肉を控えて、鶏肉、豚肉、魚の食生活にするように
・毎日、運動する

炭水化物は、ブラジル食で欠かせないファロッファも入っています。

ブラジルで外食をすると、炭水化物のオンパレードなんて日もあるかと思うのですが、
注意が必要です。

医者から言われた結果、日本食は最強なのではないかと思い、
元から日本食多めだった食卓ですが、完全に日本食にしました。

再検査の結果は再来週までには分かるので、ご期待!

人間ドックを受けていないという方は、早めの受診をオススメします!
ブラジルの病院については、過去記事をご覧ください。

今後、再検査までに実践した対策などを紹介します。乞うご期待!

まとめ

ブラジルで生活していると、年々増加していく体重。
外出自粛中に、色々言い訳をしながら、ストレスを全部食欲にぶつけてしまいました。

自分の健康面が心配になり、人間ドックをしてみたら、
まさかの診断が…。
食生活をおろそかにすると、健康面で支障が出ます。

ブラジルプリン、パスタなどを食べ続けた結果、
血糖値とコレステロール値があがったので、再検査することになりました。

人間ドックをしてなかったら、健康面で不安になるところだったので、
医者から注意されたことを忠実に守り、再検査に挑みたいと思います。

いかがでしたでしょうか?

今回は、人間ドックに行くべき理由について紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました