ブラジル生活ベレンの生活レストラン情報

【食事】知らないと損!?Rがつかない月に食べたいCaranguejo

alt=”caranguejo”ブラジル生活

今が旬!北部では、よく食べることができるcaranguejo(泥がに)!

今回は、ベレンのcaranguejo(泥がに)について紹介します。

ベレンでは、caranguejo(泥がに 以下caranguejoと表記します)を食べることが多いです。

caranguejoを食べるなら、旬がオススメ!まず、Caranguejoとカニの違いから説明します。

caranguejoとカニの違い

ベレンでは、コシーニャの具材、泥カニの身とファロッファをまぜた料理など、

caranguejoを使った料理が多いです。

alt=”caranguejo”
泥蟹のコシーニャ

そもそも、caranguejoとカニの違いをご存知ですか?

カニはポルトガル語でSiriと表記されており、海のカニを指します。

一方、泥がにはcaranguejoと表記され、マングローブに住んでいるカニを指します。

日本では食べる事が出来ないので、ブラジルでぜひ食べてみてください!

ベレンではcaranguejoを食べる事が多いのですが、海のカニとはまた異なる美味しさです。

Rがつかない時期は、caranguejoを食べないと!

パラ州民いわく、月にRがつかない時期は旬とのこと!!

ポルトガル語でRがつかない月は、
Março、Abril, Maio, Junho, Julho, Agostoを指します。

主に3月から8月は、caranguejoの旬の時期のようです。

さっそくお店に行って、食べてきました。

ベレンで一番オススメのcaranguejoのレストランは、こちら!

TapereBar

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。
alt=”caranguejo”

なかなかお店はわかりにくいのですが、目印はベレンの日本領事館の横にあります。

alt=”caranguejo”

今回は、こちらの料理を食べてみました。

caranguejoのスープとcaranguejoを叩いて食べるメイン料理。

alt=”caranguejo”

caranguejoのスープは、
今まで飲んだスープの中でもトップ5に入るくらい、美味しいです。

例えるなら、自分のスープを飲み終えたのに、隣のスープを狙うほど美味しいです。

caranguejoの身がふんだんに使われて、ファロッファも入っているので、

スープだけど、飲みごたえがあります。

メイン料理のcaranguejo!

alt=”caranguejo”

caranguejoを叩いて、食べていきます。

alt=”caranguejo”

ここのレストランの特徴は、茹で方がほどよく、

味もベレンのレストランの中では、一番美味しいオススメのレストランです。

今回食べたcaranguejoは、やはり旬の時期という事もあり、甘みがあるので美味しいです。
時期外れも食べる事はできますが、身の甘さは旬の時期の方が増している気がします。

カニ味噌まで甘く感じました。

甲羅にファロッファを入れる事で、
泥カニの甲羅のエキスをファロッファが吸収するので、
最後の一滴まで味わう事ができます。

ベレンでは、コシーニャの具もcaranguejoで作られることが多く、
わりcaranguejoを食べる地域です。

ブラジルを旅行される方は、ぜひ一度訪れていただきたいです。

まとめ

今が旬!!
日本では、カニは食べる事ができますが、なかなか食べる機会がないcaranguejo(泥がに 以下caranguejo)!!

ベレンでは、コシーニャの具材、泥カニの身とファロッファをまぜた料理など、

caranguejoを使った料理が多いです。

caranguejoとは言っていますが、泥の臭いなどは全くしません。

今回は、パラ州民から旬だと聞いたので、caranguejoレストランに行ってきました。

Rがつかない時期はcaranguejoの旬の時期のようです。

今までは、旬の時期とか知らなかったので、思いついた日に行っていたのですが、
甘みが増していて、美味しいです。

caranguejoの旬の時期に、ぜひ食べてみてください。

いかがでしたでしょうか?

今回は、Rのつかない月に食べたい!caranguejoについて紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました