ブラジル生活

【お菓子】ブラジルのケーキは、とにかくカラフル!なぜ、こんなに甘い?

alt=”ブラジルのケーキ”ブラジル生活
ブラジルのケーキ

ブラジルのケーキが甘すぎる…。
一体、なんでこんなに甘すぎるのか。

こういった疑問に答えます。

ブラジルのケーキ、本当に砂糖の塊を食べてるようで、頭が痛くなる甘さなんです。
なぜ、ブラジルのケーキが甘いのか?

ブラジルはサトウキビの国であり、砂糖の国だからです。

今回は、見るだけでも楽しい!! とってもカラフルでユニークなブラジルのケーキについて紹介します。

ブラジルに来るまでは、ケーキの街としても有名な町で育ったので、
ちょっとしたお祝いなど、わりとケーキを食べていました。

しかし、ブラジルでは、一口で十分。それ以上は食べれません。

ブラジルのケーキになれると、大変なことになるかもしれませんよ。

見た目重視でとってもかわいいケーキたち

ブラジルのケーキは、アイデアがユニークなんです。

日本のケーキとは、色合いも全然異なり、
ブラジルのケーキの色合いは、緑や赤,さらには食欲不振の青色まで使います。

そのため、色使いなど、ケーキを見てるだけでも楽しむことが出来ます。

alt=”ブラジルのケーキ”

写真のケーキでは、ピザがのっています!

結構な重さがあるのが、見た目からも分かるかと思います。

ブラジルのケーキは、あまりにも飾りに凝りすぎていて、
一口食べても、砂糖の味しかせず、ほとんどが砂糖の塊です。

というか、激甘すぎて、食べれません!!

なぜ、こんなにブラジルのケーキは、甘いのか?不思議に思い、調べてみました。

ブラジルのケーキは、とにかく激甘!なぜ、こんなに甘いのか?

ブラジルのデザートは、もともと甘かったわけではなく、
植民地時代以前はフルーツだけだったようです。

マンゴやスターフルーツに蜂蜜をかけて食べていましたが、
植民地時代の初期には、主にバナナとオレンジを食べられていました。

のちに、グアバーダと呼ばれる、グァバと砂糖を煮込んだお菓子などを食べるようになり、
揚げバナナ、焼きバナナなどが人気のお菓子となり、食べられるようになりました。

その後、植民地時代に、砂糖が大量に生産されたことから、
キャラメルソースが作られ、フルーツと一緒に煮込み、それが保存食となりました。

一説によると、サトウキビの砂糖は保存する役割があるので、フルーツを保存する役割として、
昔の人々はよく使っていたようです。

こうして、ケーキの保存期間をのばすためにも砂糖を大量に使うようです。
そのため、ブラジルのケーキはとにかく甘い!激甘になったようです!

サンパウロでは、日系や台湾の方が経営している甘さ控えめのケーキもあり、
日本のようなケーキを食べることもできます。

でも、自分で作った方が日本の味に近くなるし、砂糖も調整できるので、
自分で作ることをオススメします。

合わせて読みたい

ブラジルのデザートグッズは、サイズが大きいので、何を作るにも爆誕します。
日本から購入されることをオススメします。
日本から持ってきてよかった、キッチングッズまとめ

ブラジルの誕生日会は、老若男女!1歳の誕生日会は、とにかく盛大!

ブラジルでは年齢に関係なく、子供だけでなく、大人でもお誕生日会を行います。

大人の誕生日会は、レストランなどで行いますが、
ブラジルで、特に重要視されているのが、1歳の誕生日会なんです!!

1歳の誕生日会

1歳の誕生日会は盛大で、大勢の人が招待されます。

一歳の誕生日会

子供を招待者に披露し、母親として一年間育て上げた慰労の意味合いがあります。

誕生日といえば、ケーキでお祝いしますが、
ブラジルのケーキは、とにかくカラフルでユニーク過ぎるんです。

ブラジルで生活するなら、日本でデザートグッズ購入がオススメ!

ブラジルのデザートは、とにかく甘い!!激甘です!

ヨーロッパのいろんな国でデザートなどを食べてきましたが、
場所によるかとは思うのですが、ブラジルほど甘くないんです。

品の良い甘さというか、しつこくない甘さ!

ブラジルでは、ヨーロッパから移民とともに、
多くのデザートなども伝えられましたが、
砂糖の分を間違えているよね!?と思うくらい、
観光向けでない限り、どのお菓子も甘すぎて、あまりの甘さに頭が痛くなるほど・・・。

今だに、ケーキ一個も完食出来ないのですが、たまに無性に甘いものが食べたくなります。

自分で作った方が、砂糖も調整できるし、健康的!
ブラジルのデザートグッズは、サイズが大きいので、何を作るにも爆誕します。

参考

お菓子作りの材料や器具など、扱っている種類が豊富。

パン・お菓子作りの材料・器具専門店【TOMIZ(富澤商店)】
タイトルとURLをコピーしました